2018/03/14

こんにちは☀

もうすぐ山古志に越してきて1年。

最近いろいろな単語のイントネーションが迷子の和田です

このBlogでも告知していた【古志の火まつり】に行ってきました!

古志の火まつりは点火時には最大50mにも及ぶ高さになる、日本一大きい塞の神です

大分県の一村一品運動が大きく取り上げられていた頃、「山古志でもこれ、というものが欲しい」

冬の山古志にも訪れてほしい」という想いで始まったこのイベントも今年で29回目

初回は4月に開催されたそうです!今よりはあったかくてよさそう(笑)

その後、雪があったほうが見栄えがするからと現在の3月開催でおちついたんだとか

昔はPCソフトが気軽に使える時代ではなかったので、

塞の神の設計図等も全部計算しながら手書きで一から作成していたというから驚きです(>_<)

塞の神に使われている膨大な量のカヤを実行委員だけで調達するのは大変、

ということで初期から秋の収穫前に住民に1人1束分のカヤを残しておいてもらう決まりになっています

最近ではこれ目当て来...

2018/01/19

こんにちは!和田です

戌年の私は今年、年女

点火してきました!塞の神

その年の五穀豊穣や無病息災を願う「塞の神」

山古志では今年多くの集落で14日(日)行われました

竹沢集落では午前中に雪で土台をつくり、その上に竹で骨組みをつくりました

骨組みの周りにワラ等でツリーの形にして最後に「ツノ」と呼ばれるものを一番上に縛ったら完成!

お昼すぎ区長さんからのお話のあと、ロウソクで点火する人を決めました

年女の私も指名され、年女2人でドキドキしながら点火しました(*^_^*)

例年、年男・年女1人ずつのようですが今年は年男がいなかったもよう

快晴続きでワラが乾いていたのもあって かなり火の回りが早かったです

火が落ち着いてきたら各々持ってきたお餅やイカを焼き始めます

この日のためにお手製の餅焼き網を持ってきた器用なお父さんも!

後日、ほかの集落に参加していた隊員の話を聞いて

集落ごとでそれぞれ微妙に異なることが判明☆

そういえば、神奈川の実家では子ども会で書き損じやお正月の飾りを燃やしたり

ク...

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
Please reload

past articles