2018/06/01

こんにちは!和田です

「半分、青い」ご覧の方はいるでしょうか

朝ドラ史上、最高に胸キュン(私調べ)で毎日が楽しみです

岐阜の山奥にある小さな商店街で育った主人公のすずめと幼馴染のりつ

物語はこの2人が高校を卒業し上京したところなのですが

昨日のおはなしでは大学に通うりつが構内で初恋の相手と偶然再会し

かふぇで「気をつけないと東京の人間でないことがバレてしまう」と2人で方言について話すシーンが印象的でした

おそらくこの方言問題、大学や就職で地元を離れた人あるあるなのでは…??

今日は、神奈川弁(世間一般的にはおそらく中居くん言葉のイメージ)エリアで育ってきた私が、

山古志で1年暮らして耳に残った長岡弁をみなさんにご紹介したいと思います★☆

(1)言葉の壁は割と低め

「お国ことば」なんていう言葉があるくらい、故郷への愛着を感じる方言が私はあたたかくて好きなのですが

「地域に根ざすためにもコミュニケーションを…!」と考える移住者にとって

知らない単語のオンパレード!はたまたこれはフラ...

2018/03/30

こんにちは!和田です

この冬は例年と比べても豪雪だった一方で、春の訪れは例年よりも早くなる見込みだと今日のラジオでは伝えていましたが

「なるほど、そうかも」と思うほど山古志も随分あたたかい日が続いています。

あちこちで雪解け水が集まってちょっとした水道みたいなものを見ることができたり…

花粉症がツラそうな人があちらこちらにいたり、と春の訪れを感じています。

地域おこし協力隊員として山古志で暮らして1年

そういえば去年の今頃はこんなに晴れの日が続くこともなく、雪さえ降っていた気もします(4月も雪が降りました!)

実際に生活してみて驚いたことや、よく聞かれることをまとめるブログ第2回!

今回のブログは女子が1番気になる!?お買いもの事情についてです(*^_^*)

※今回も、個人的な意見です。が、率直に書きました

雪国や田舎暮らしに興味のある方の参考になったら嬉しいです

Q.洋服とかどうするの⁇

協力隊の面接時に聞かれたことです。

どこに着て行く、というのは特別なくてもやっぱり自分...

2018/03/14

こんにちは☀

もうすぐ山古志に越してきて1年。

最近いろいろな単語のイントネーションが迷子の和田です

このBlogでも告知していた【古志の火まつり】に行ってきました!

古志の火まつりは点火時には最大50mにも及ぶ高さになる、日本一大きい塞の神です

大分県の一村一品運動が大きく取り上げられていた頃、「山古志でもこれ、というものが欲しい」

冬の山古志にも訪れてほしい」という想いで始まったこのイベントも今年で29回目

初回は4月に開催されたそうです!今よりはあったかくてよさそう(笑)

その後、雪があったほうが見栄えがするからと現在の3月開催でおちついたんだとか

昔はPCソフトが気軽に使える時代ではなかったので、

塞の神の設計図等も全部計算しながら手書きで一から作成していたというから驚きです(>_<)

塞の神に使われている膨大な量のカヤを実行委員だけで調達するのは大変、

ということで初期から秋の収穫前に住民に1人1束分のカヤを残しておいてもらう決まりになっています

最近ではこれ目当て来...

2017/12/29

こんにちは!

この前買ったドリルが昨日終わりました

今は社会の授業で職業について詳しく勉強するんですね~

私が小学生だった時と、また少し変わっていて勉強になりました

この勢いで4年生にも挑戦したいと思います

今年もあと3日ということで

今回のBlogは私が3月に山古志へ越してきてからの8か月間を振り返ってみたいと思います

寒い今日この頃ですが写真から山古志の四季を感じてもらえたら…

前編は3月から6月までの4カ月!

☆ 3月 ☆

引っ越し

駅まで支所の方と荒澤君が迎えに来てくれました

私が使う新車の中でカレーパンとチョコクロワッサンを食べたのが昨日のことのようです

2人と別れて広いおうちに1人になった瞬間、なぜか実家の犬のことが思い出されて号泣したのも今はいい思い出です

☆ 4月 ☆

おらたるスタッフでお花見

新潟随一のお花見スポットということで心優しいお坊様が高田までお花見に連れていってくれました

「見てもらう写真を撮る」ということを意識し始めたのはこの頃かもしれません

写真撮影に夢中...

2017/12/13

こんにちは!

12月も半ばにさしかかり全国的にも冷えこんできたようですね

長岡ではおとといの夜から雪が降り始め、昨日家に帰ってヒーターをつけたら室内が5℃でした

実家の平塚のその日の気温よりも低く、山古志の本気を感じた和田です

先日1日家を空けていたら見事に玄関が雪壁で封鎖されていたのですが

その間何をしていたかというと…

新潟県地域おこし協力隊交流ネットワーク

なるものに参加してきました

長岡市内の会場に30人以上の隊員と20人以上の行政職員が集まったこの交流会

1日目は協力隊制度創設にも関わった「中越防災安全推進機構」復興デザインセンター長の稲垣文彦さんから

制度創設背景や現状について講談いただきました

それから新潟県内の隊員OB・OGの方々とのフリートークが始まり

「やらかしちゃった話」などなかなか公の場では聞けないような話や

「地域からはどう評価されていると思う??」などつっこんだ質問も飛び交いました

行政職員と隊員それぞれ別室に分かれてのグループディスカッション

「こ...

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
Please reload

past articles